世帯主に万一のことがあった場合に、残された遺族に必要となる生活資金のことです。
遺族生活資金として、末の子どもが大学を卒業するまでの生活資金(家族の生活資金)と、それ以降の妻の平均余命期間の生活資金(妻の生活資金)とを確保しなければいけません。
必要額は、次の算式で計算されます。
(1). 家族の生活資金=現在の月間生活費×0.7×12ヵ月×(22歳−末子の現在年齢)
(2). 妻の生活資金=現在の月間生活費×0.5×12ヵ月×末子が大学卒業時の妻の平均余命期間(年)
(3). 遺族生活資金=(1)+(2)