病気あるいはケガなどで一回の入院に際し、医療保険(医療保険特約)の入院給付金を受け取れる最長の日数のことです。
一入院支払限度日数には、40日・60日・120日・360日・730日などがあります。